孫へプレゼントいらないもの・困るものとの違いは?おすすめは絵本!

スポンサーリンク
りこ

りこ

転妻ブロガー

転勤族の夫について現在3県目の年子姉妹を育てている30代です。
今より【ちょっとだけ暮らしやすくなる】をテーマに資産管理やお得情報、時短家事など、生活が豊かになるようなことを紹介していきます。

FOLLOW

孫へのプレゼントはどのように選んでいますか?
自分の娘(息子)の子供(孫)ってとにかく可愛くて可愛くてしょうがないですよね。自分の子供とは違い育児の責任感からも解放され、ただただ愛おしい存在そのものだと思います。

https://hiyoko-pipipi.com/wp-content/uploads/2020/03/IMG_0433-e1585513275238.jpg

りこ

こんにちは、りこです!

特に初孫ときたら、ついつい喜ぶ顔が見たくてなんでも買ってあげたくなるなりますよね。

けれど最近は核家族化が進み、一緒に住むケースも少なくなく、会えるのもお盆や年末年始のみという方も多いのではないでしょうか。普段なかなか会えない分、とにかく可愛いまごにプレゼントを贈って愛情表現したい!ご機嫌を取りたい!という気持ち、とてもわかります。

お買い物中に、つい目についたもの「これ、孫に似合いそう〜」「あ!SALEになってるわ〜」などなど、普段会えなくてサポートできない分、現物支給で♪という気持ちになりますよね。それに加え、お誕生日やクリスマスにプレゼントには孫の喜ぶものを!と気合いが入りますよね。

https://hiyoko-pipipi.com/wp-content/uploads/2020/03/IMG_0431-e1585513199341.jpg

りこ

ただ、そのプレゼント喜ばれていないかもしれません・・・!

スポンサーリンク

孫へプレゼントいらないもの・困るものとの違いは?

せっかく贈ったのになぜ困る?

孫に似合いそうなお洋服、好きそうなおもちゃ、たくさん贈ったからきっと喜んでくれているはず♪と思っていたのに・・・着ている気配がない?遊ばせていない?など、もしかしたらあまり反応がよくなかったこと、実はあるのではないでしょうか・・・?

そこでよく考えてみましょう。なぜ、喜んでもらうはずのプレゼントが、喜んでもらえなかったのでしょうか?

それは、まだ小さな孫へのプレゼントを受け取るのは、孫の母親(父親)だからです。そしてまだ自分で選ぶことができない子供の服やおもちゃを選ぶのは、その母親(父親)です。

彼女たちは、自分の気に入った服やおもちゃを子供に買い与えたいと思っているのです。

今は、断捨離・ミニマルな暮らしを取り入れるなどの流行により、より自分の教育方針や趣味に合わないものを入れ込まない風潮があります。多くの親たちが、子供たちの洋服やおもちゃは自分で選びたいと思っている為、もしかしたら贈られて着た品物を迷惑に感じているかもしれません。

https://hiyoko-pipipi.com/wp-content/uploads/2020/03/IMG_0431-e1585513199341.jpg

りこ

我が家も転勤族で、ミニマルな暮らしを意識しているので、必要なおもちゃ以外は持ちたくない主義です・・・!

自分が満足する為にプレゼントを選び贈るのではなく、もらう人が喜ぶものを

実はプレゼントには、こんな危険が潜んでいます。

それは、プレゼントを自己満足で選んで贈っている可能性です。

【プレゼントを選ぶ】→【購入する】→【贈る】という行為に満足しており、相手に【喜んでもらいたい】という考えが疎かになりがちなのです。

大好きな孫に自分の選んだお洋服を着てほしい、おもちゃで遊んで欲しい、という気持ちは痛いほどわかります。けれど、一番嬉しいのは、プレゼントしたものを使っている孫の姿を見ることではないでしょうか?

贈る相手が喜んでくれるものはなんだろう?と考えたときに、親の趣味や好きなブランドに合わせたプレゼントを選んだりするように心がけるのはとても重要なポイントなのです。

孫へのプレゼント実はもらって困るプレゼントとは?

せっかくプレゼントを選び贈ったのにも関わらず、困らせてしまうのはとても悲しいことですよね。それでは、もらって困るプレゼントとはどんなものなのでしょうか?

  • 場所を取る大きい家具やおもちゃ
  • 既に持っているおもちゃに似ているおもちゃ
  • 捨てにくいおもちゃ(人形やぬいぐるみ・大きいおもちゃ)
  • 手作りのおもちゃや小物など
  • 趣味じゃない色やデザインの洋服
  • サイズの合わない洋服
  • SALE品や明らかに安物の洋服
  • 教育方針に合わないもの(キャラクターのおもちゃなども注意が必要です)

これはあくまで一例であり、もちろん喜んでくれる人もたくさんいます。が、反対に【いらない】【困まる】と感じる人も多くいるのも事実です。

ちなみに上記でも沢山上がっているお洋服、じじばばだけでなく友人も含めて約4割以上がNOと答える結果になっています。まだ持っているお洋服も少ない、出産祝いでこの結果なので、月齢が進むにつれてさらに増えることが予想できますね。

出産祝いに子どもの服をもらって嬉しかったですか?

YES     58%
NO      42%

約4割以上が「NO」と答える結果に…。

出典:https://kurashinista.jp/column/detail/738

https://hiyoko-pipipi.com/wp-content/uploads/2020/03/IMG_0431-e1585513199341.jpg

りこ

ちなみに私の友達は、いらないと思ったものは容赦なく実家に強制送還と言っていたよ・・・恐ろしいよね

孫へのプレゼント「迷惑」を「嬉しい」に変える選び方

では、どんなプレゼントを選べば、「困まる」から「嬉しい」に変えることができるのでしょうか?

一番いい方法は、やっぱり直接会って一緒に買いに行く!ですよね。孫が興味を示すものを一緒に見られますし、何より買ってあげた時の喜ぶ顔が見えます。母親父親も一緒に選べば、方向性も示せますし、何より嬉しいです。

また、もし遠方で一緒に選ぶことができない場合は、「どんなものがいい?」と聞いて見るのがいいでしょう。「何がいい?」と具体的に聞いてしまうのもいいですが、「どんなものがいい?」と聞くほうが、自分でも少し選ぶことができ楽しさも残りますね。

おすすめの選び方は?
  • 孫と母親(父親)と一緒に買いに行く
  • 「どんなものがいい?」と聞く
https://hiyoko-pipipi.com/wp-content/uploads/2020/03/IMG_0433-e1585513275238.jpg

りこ

こんな気遣いしてくれたら嬉しいです!
この方法ならみんながハッピーになれそうですね!

孫へのプレゼントに絵本をイチオシする理由

ただ、やっぱりいくら自己満足と思われていても、言われたものを買うのではなく、0から孫を想いどんなものがいいかを考え、プレゼントを選びたいという気持ちもありますよね。

そんな時におすすめなのが、【絵本】です。

なぜ絵本がおすすめなのか?

  • 絵本は何冊あっても嬉しい
  • 基本的に安くならない新品の絵本はもらってうれしい
  • 絵本はおもちゃと違って色褪せず記憶に残り財産になる
  • なんども繰り返し読むことができ毎回新しい発見がある
  • 本によって豊かな言葉が学べる

絵本は本当に失敗が少なく、好みの絵柄や内容でなくても、知識や新しい考え方が学べます。何も聞かずに送りたいなら、絵本が確実とも言えますね。ご自身が小さな時に読んだ絵本をプレゼントすることで、その後の話題にもなりますね。

絵本を送る際には次のことに気をつけるとさらに喜ばれます。

さらに嬉しい選定ポイント
  • プレゼント用には明るく楽しい内容や幸せ感がある物語がおすすめ
  • 月齢より少しだけ上の本を贈ると、手持ちの本と被りにくい
  • 文字や数などの教育的な内容・宗教色が強い絵本は控えた方が無難
  • 迷ったらロングセラーの絵本がおすすめ
  • 季節感や、イベントなどにちなんだものも
https://hiyoko-pipipi.com/wp-content/uploads/2020/03/IMG_0433-e1585513275238.jpg

りこ

わが家の子供はクリスマスにちなんだ本をクリスマスプレゼントで貰い、とっても気に入って年中読んでいるよ!

孫へのプレゼント選びは今後の関係を左右する!?

いかがでしたか?今まで自分が贈ったプレゼントが【困らせていた】と考えたらとても悲しいですよね。ただ、これから選ぶポイントを気をつけプレゼントを贈るようにすれば、【喜んでもらえる】だけではなく、関係がさらに良好になり、じじばばとしての信頼感アップにも繋がるポイントです。

今一度【喜んで貰いたい】という原点に回帰し、一呼吸おいてからプレゼントを贈るようにしてみるといいかもしれませんね!

毎回素敵なプレゼントをくれるという印象は、人間関係の構築にもとても有効ですよね。

https://hiyoko-pipipi.com/wp-content/uploads/2020/03/IMG_0434-e1585512734964.jpg

りこ

最後まで読んでいただきありがとうございます!
りこでした!

スポンサーリンク
りこ

りこ

転妻ブロガー

転勤族の夫について現在3県目の年子姉妹を育てている30代です。
今より【ちょっとだけ暮らしやすくなる】をテーマに資産管理やお得情報、時短家事など、生活が豊かになるようなことを紹介していきます。

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)